(青いルダンゴト・ドレス姿のマリーアントワネット)

壮大なヴェルサイユ宮廷の歴史の中で最も魅惑に満ちた女性…。

ある時は、悲劇のヒロイン。
ある時は、時代の最先端に立つファッションリーダー。

彼女は、伝説となって歴史上、類を見ない程の有名なフランス最後の誇り高き王妃マリー・アントワネット。

ヨーロッパ随一のオーストリア名門ハプスブルグ家の最後の皇女として、誕生した可憐な皇女アントニアは、兄の皇帝ヨーゼフ2世から「愛すべき誠実な女性」と形容された。

美しいブロンドの髪とあどけない青い瞳を持った少女は、14歳でフランス皇太子妃として迎えられて、「ヴェルサイユに咲いた華麗な花」と呼ばれた。

しかし、自由奔放で享楽的な彼女は、いつしか民衆の憎悪を一身に受けるようになる。

そして、マリーアントワネットの孤独な心の支えとなった恋人フェルセンとの禁断の愛が更なる憎悪を生んでいく。

激動の時代の中、時の歯車は動きを止める事なく、マリーアントワネットに課せられた宿命は、運命に翻弄されながら、ただひたすらに悲劇に向かって、突き進んで行く事だけだった…。


ドイツ語名:(マリア・アントニア・ヨゼファ・ヨハンナ・ファン・ハプスブルグ=ロートリゲン)
(独:Maria AntoniaJosepha Johanna von Habsburg-Lothringen)

フランス語名:(マリー・アントワネット・ジョゼファ・ジャンヌ・ドゥ・ロレーヌ・ドートゥリシュ)
(仏:Marie AntoinetteJosepha Jeanne de Lorraine d'Autriche)

マリーアントワネットのサイン


(オーストリア大公)
マリア・テレジア
1717~1780年

(フランス国王)
1754~1793年

(第1王女)
マリー・テレーズ
1778~1851年

(第1王子)

ルイ・ジョゼフ
1781~1789年

(第2王子)
1785~1795年

(第2王女)
マリー・ソフィ・ベアトリクス
1786年7月-1787年6月 

王妹
1764~1794年








許されざる愛








逃亡計画『ヴァレンヌ事件』

『薔薇一夜』~今生の別れ~











王妃と関わる人物


フェルセン伯爵
王妃の恋人


ランバル公妃
ブルボン家の女官長

王妃の主席侍女


ルイ15世の公妾

王妃の寵臣

首飾り事件の首謀者

王妃専属のモ-ド商人

王家の誠実なる武人

死刑執行人




ブルボン朝の壮大で華麗な大宮殿

TVアニメ版・詳細




総合:981204


w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ